BPS総入れ歯|入れ歯デンタルクリニック・佐野 群馬・茨城・埼玉

BPS総入れ歯

BPS総入れ歯(基本床/金属床/シリコン床)

BPSとは

BPSBPSとは生体機能的補綴システムといい、人間の生体機能を、正確に再現して総入れ歯を作るシステムのことです。

入れ歯の中では総入れ歯が一番難しいと言われています。

その訳は、お口の中に一切歯が無いので、入れ歯を作る基準や入れ歯を安定させる留め金がないからなのです。


普通の総入れ歯は?

総入れ歯は難しい条件下で製作せざるを得ないので、治療にあたる歯科医師の知識・経験・センスなどいわゆる“治療の腕”と呼ばれるもの次第で総入れ歯の出来・不出来が決定されてしまいます。


BPS総入れ歯と普通の総入れ歯の違いは?

BPSで指定された電子制御による高性能機器や高品質な材料を使うことにより、より精密でより生体安全性に優れた総入れ歯が完成します。

治療においてもBPSで指定された機材を使用することにより、今までは歯科医師の腕と感に頼っていた

顎の位置、お口の筋の運動の再現、噛み合わせ

等が、可視化・数値化されより正確になり、材料の高品質と合わせると、通常総入れ歯と比較してBPS総入れ歯の精密度は飛躍的に向上し、ワンランク上の入れ歯が完成します。


総入れ歯基礎知識

床とは?

白い歯(人工歯)がのっているピンクの部分、歯茎に相当するところを床(しょう)と言います。

この床はレジンと呼ばれるプラスティックに似た素材でほんの僅か、弾力があります。


BPS総入れ歯/基本床

レジン床上記の床がBPSで出来ていてその上に白い歯(人工歯)がのっている入れ歯をBPS基本床といいます。


長所

  • 3種の中で経済的である。
  • 微調整が効きやすい。
  • 適合も良い。

短所

  • 口蓋にやや厚みを感じることがある。
  • 飲食時の温度がやや伝わりにくい。

BPS総入れ歯/金属床(コバルト・チタン)

金属床(コバルト・チタン)床の口蓋部が金属に置き換わっている入れ歯をいいます。


長所

  • 入れ歯全体の強度が増す。
  • 一部、 薄くすることが出来るので、異物感が少ない。
  • 飲食時の温度が伝わりやすく、飲食物が美味しいと言われている。
  • 口蓋が薄いので発音に有利。

短所

  • 基本床と比較して高価である。
  • 微調整が難しい時がある。
  • 少しゆるくなる時がある。

BPS総入れ歯/BPSシリコーン床

シリコーン床(お試し・コンフォート)床の裏側、歯肉に接する部分に薄いシリコンのクッションを貼った入れ歯をいいます。

特に下顎の入れ歯で多用されます。


長所

  • 噛む力が飛躍的に増す。
  • 歯肉が硬い入れ歯に接触する感覚が薄れ、ソフトな当たりになり痛みが激減する。

短所

  • 入れ歯の部分、場所により厚みが出てしまうことで異物感が出ることがある。
  • 高価である。
  • 指定された洗浄剤が必要となる。

短期間で出来る本格的な仮歯 部分入れ歯 コンフォート


ページの先頭へ