部分入れ歯|佐野入れ歯専門外来 群馬・茨城・埼玉

BPS総入れ歯

部分入れ歯

基礎知識

部分入れ歯とは?

部分入れ歯は歯列の中で歯が欠損している所だけに歯を補う入れ歯です。

残った歯を守るために金具を延長して力の分散をはかることもあります。

金属床とは?

レジン床の一部が金属に置き換わっている入れ歯をいいます。

金属床には通常の金属床とノンクラスプ金属床の2種類があります。


金属床とノンクラスプ金属床の違い

両方共金属床ですが、見た目のバネのみが違います。

部分入れ歯において、残っている歯にかけるバネが金属でできているものを(通常の)金属床と呼び、バネがピンクの歯ぐき色で出来ているものをノンクラスブ金属床と当院では呼び分けております。

金属床(バネが金属)

長所

  • ノンクラスプ金属床と比較して精密です。
  • ノンクラスプ金属床と比較して丈夫です。

短所

  • お顔の正面から歯の上に金属のバネが見えてしまい、審美的に劣ります。

ノンクラスプ金属床(バネが歯ぐき色で目立たない)

長所

  • お顔の正面から見て、金属が無いので入れ歯をしていないように見え、審美的に優れています。

短所

  • バネの部分が劣化しやすい。
    (そこのみの修理は可能ですが、ラボで修理になるためお預かりとその日数が必要となります。)
  • バネが金属の金属床に比べてわずかに精密度に劣る。

金属床とノンクラスプ金属床の選択の目安

金属床、ノンクラスプ金属床の選択の目安は

“見た目を取るか丈夫さを取るか”というところでしょうか?

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー(金属床上下)

ノンクラスプデンチャー(金属床上下)


短期間で出来る本格的な仮歯 BPS総入れ歯 コンフォート


ページの先頭へ