快適な入れ歯を作るために欠かせない6つの対策 | 入れ歯デンタルクリニック

快適な入れ歯を作るために欠かせない6つの対策

1.痛み対策

歯ぐきにやさしい入れ歯

写真:歯の痛みに悩む女性

1:痛い所は逃がしてあげる

すべてぴったり合わせればいいというわけではありません。歯ぐきを手で触ってみてください、骨が出ているところを発見する方もいらっしゃると思います。そこは痛みが出やすい所ですので、ぴったりさせるのではなくほど良く逃がしてあげることが大切です。

2:痛みが出ない嚙み合わせを作る

痛みとかみ合わせは専門的にはとても関係が深い所です。嚙み合わせの悪さから痛みが出てしまうことは非常に多く、本入れ歯が完成してからでは修正が不可能に近い部分です。お口の中で、痛くなく噛める場所や良い嚙み合わせをじっくり探して、仮歯で試してから本入れ歯を作ることが重要です。

3:柔らかい素材を使う

入れ歯の裏面、歯ぐきに当たるところにシリコーンという柔らかい素材を張ることができます。これ
はクッション性に富み、痛みを吸収してくれるとても歯ぐきに優しい材料でとても評判が良いです。

2.噛み合わせ対策

良く噛める入れ歯

写真:食事をしている男性

1:バランスの良い場所を探して歯を並べる

噛む力はとても強いので、入れ歯のバランスが悪いと入れ歯がずれたり、部分的に強く当たったりして痛みが発生します。痛みが出ない良く食べることができる場所を探してバランスよく歯を配置する入れ歯の作り方をしています。

2:あなたの歯ぐきに合った嚙み合わせを選ぶ

一般には知られていませんが、上の歯と下の歯の嚙み合わせ方には種類があります。当院ではあなたの歯ぐきの状態に合わせて、良く食べることができる最適な噛み合わせを選択し、入れ歯をお作りします。

3.違和感対策

小さくて薄い入れ歯

写真:小さくて薄い入れ歯

あなたのお口の中の状態が許す限り、入れ歯を小さく薄く作ります。入れ歯に大きさや厚みが必要なところもありますが、基本的には “小さくて薄い入れ歯” が一番違和感はありません。

4.笑顔対策(外見)

他人から入れ歯だと気付かれない自然な入れ歯

写真:笑顔

いくらきれいな歯並びで入れ歯を作っても、一見で入れ歯と気づかれてしまっては寂しい限りです。
ある意味で、「歯並びの自然観」とは、いかに「さり気なく歯並びを乱すか」ということに通じます。
仮歯、本入れ歯の装着前に、あなたに合った、他人から入れ歯と気づかれないような歯並びにするための入れ歯の試着修正の時間が計2回あり、あなたの思うような歯並びが必ず出来上がります。

5.発音対策

慣れだけに頼らないデータに基づく発音試験

写真:発音

入れ歯装着時の発音は慣れだけではどうにもならない場合があります。
入れ歯が厚すぎたり境目が突出していたり、存在しているだけでも発音に影響します。
パラトグラム試験という発音試験に基づいて入れ歯を調整していくと、慣れることができない入れ歯も自然な発音ができるようになり、人前での話も苦にならなくなります。

6.外れない対策

写真:入れ歯

1:お口の中の筋肉の動きに合った入れ歯の形

入れ歯が外れる、浮くという時は、入れ歯の形が、お口の筋肉の動きと合っていないときに起こります。あなたのお口の中の筋肉の動きを徹底的に観察し、それを入れ歯に反映することにより、お口の動きに調和した入れ歯になり、外れたり浮いたりしない入れ歯になります。

2:入れ歯と歯ぐきが密着していること

部分入れ歯では歯にかかる装置が適切に機能することが大切です。バネなどがゆるいだけで入れ歯は落ちやすくなります。総入れ歯では歯ぐきに、高いレベルで密着することが大切です。

3:バランスの良い嚙み合わせ

特に総入れ歯の話ですが、バランスの良い嚙み合わせが、入れ歯を歯ぐきにバラン
スよく押し付け密着させますので外れにくくします。

まとめ

すべてに共通する大切なポイント

写真:複数の入れ歯

お口の中は十人十色、判を押したように作る入れ歯では問題が山積みの入れ歯になってしまいます。

当院では、あなたのお口の中の特徴をしっかり把握した上で、6つの対策をしっかり入れ歯におこなっていきます。

そうすることで、他人に入れ歯と気づかれない自然でよく噛める入れ歯が出来上がり、快適な日常生活を送ることができます。