瞬間接着剤で歯を何度も固定していた患者様の治療エピソード(埼玉県加須市 46歳) | 入れ歯のそこが知りたい!

入れ歯のそこが知りたい! 入れ歯デンタルクリニック・佐野

瞬間接着剤で歯を何度も固定していた患者様の治療エピソード(埼玉県加須市 46歳)

2019年5月7日 カテゴリ:治療エピソード

201903_episode

上顎の総入れ歯を作られたY様の治療エピソードです。

当院にカウンセリングにいらっしゃる前は当初は羽生の方に通院されていたそうです。
その病院では予約を取るのに3週間、ようやく病院に行っても検査などで
全く先生とお話しできなかったことがご不満に感じていました。

また、別の歯の治療で通っていた時も1回の治療時間が短く、通院する回数が多かったそうです。
このことがきっかけでY様は最後まで治療に通う事が出来ないかもしれないと思い、通院を辞めたとおっしゃっていました。

Y様の主訴は見た目を綺麗に治したい

治療内容は上顎の総入れ歯です。

お口の状態は、ほとんど歯が抜けていました。
唯一残っている歯には抜けた歯が瞬間接着剤で無理やりくっついていました。

何度も取れては付けを繰り返していたために歯の原型はとどめていなく、板の様です。
※恐らく瞬間接着剤が取れた時のカスが蓄積されて歯の形が変形した
この状態がご自身でもどうにもできなくなってしまい、ご来院に踏み切ったそうです。

実は瞬間接着剤で抜けた歯をくっつける方はよくいらっしゃいます。
どうしてこうなってしまうのか、患者様にお話を聞いてみると
このような状態で治療に行くと先生に怒られてしまう。
患者様も先生に怒られたショックからモチベーションが下がり通院できなくなってしまうという結果になってしまう。

歯がボロボロでどこの歯医者にも行けない

当院ではこのような患者様がたくさんいらっしゃいます。
保険治療では抜歯から仮歯が入るまでに1,2ヶ月ほどかかります。
見た目や機能に関しても必要最低限の入れ歯です。

既製品のスーツかオーダーメイドのスーツの違いと似ています。
口の中の状態をきちんと見て、口の中にピッタリ合うのが自費の入れ歯です。

Y様もこのような経験から当院へお越しいただいたころはとても不安そうでした。
しかし、入れ歯が入っていくにつれて明るく、前向きになっていったことが印象的でした。
安心して頂けたのか、雰囲気が明るくなって頂けました。

最後にアンケートをご記入していただいておりますが期待以上に良かった。
入れ歯をもっと早く入れたらよかったとおっしゃっていくださいました。
本当に喜んでいただけて良かったです。