よくある質問 | 入れ歯デンタルクリニック

よくある質問

治療前のQ&A

若々しい顔貌になりたいのですが...?
このように希望される方は大勢いらっしゃいます。
若々しい顔貌は、お顔の“張り”と関係します。張りが極端になくなりしわが深くなるとその傾向は助長されます。この“張り”を入れ歯で作ることができ、若々しさを取り戻すことができます。必ず相談しながらお作りしています。
入れ歯っぽくない自然な口元にできますか?
当院が目指す入れ歯は“誰にも気づかれない自然な入れ歯”です!
入れ歯っぽくないということは、歯並びをきれいに整え過ぎず、少し歯並びを乱し個性を加え、お顔の皮膚の色にマッチさせることです。反対に、綺麗を主張する歯並びもできます。試着のお時間をご用意していますので、その時にあなたの満足いく歯並びに、その場で修正を重ね、お作りしています。
歯の色はどの色にしたら良いか。余り白すぎるのも困るのですが…?
基本的にはお顔の肌の色を参考にして選んでいただいています。
日本人の平均的な歯の色というのもありますが、あまりこだわらなくても良いと思います。見本がありますので、実際に見比べることができます。皆さん平均より、少しだけ白めの歯をお選びになるようです。
抜けそうなほどではないのですが揺れている歯があります、どうするのが良いでしょうか?
微妙なお話ですが、大まかな方向性での話として聞いてください。揺れている歯を残して入れ歯を作るか抜いて作るかですが、その歯の揺れ具合にもよりますが両方のパターンがあります。その判断基準は、あなたの歯に対する価値観によります。「木を見て森を見ず」という言葉もありますが、迷っている歯が森(入れ歯)全体のバランスを壊さないのであれば、今回は抜かずに部分入れ歯を作ることに問題はないのですが、バランスが崩れてしまい、審美的にも機能的にも問題が出る場合が問題です。歯一本は尊いものです、それを寿命いっぱい使いたいというのもわかります。その時は、今の条件できる入れ歯を一度作って、様子を見るのが良いでしょう。反対に、全体のバランスが重要視して、審美的にも機能的にも最良の状態の入れ歯を作りたいというのであれば、抜いて入れ歯を作るのが良いでしょう。
麻酔が怖いのですが、良い方法はありますか?
麻酔の針が刺さる時の痛みを抑える表面麻酔という塗る麻酔をしてから針の麻酔をすると痛みは半減します。特に恐怖心の強い方は遠慮なくお話しください。
当院は治療全般にわたり痛みの無い治療を心がけております。それは抜歯であろうと同様です。痛みのない治療を行うためには麻酔は不可欠な時があります。痛みを出さないで治療をするために必要なものだと思っていただけると、恐怖心も少なくなるのではないでしょうか!?
まだ1~2歯、使える歯が残っているのですが部分入れ歯が良いのか、抜いて総入れ歯が良いのか悩んでいます、どちらが良いのでしょう?
難しい選択です。その方の価値観によるところもあります。せっかく残せる自分の歯があるのだから、それを残して入れ歯を作りたいと思う気持ちは当然です。しかし残すことによるデメリットがあることも事実です。
歯が残っている場所(お口の中どの位置に残っているか?)
歯の元気度
歯ぐきの状態
歯ぐき(土手)の形と状態
上顎、下顎の位置関係
審美的な違い
等々、その方その方で違いますので、歯を残した時にはどういう入れ歯になる、総入れ歯にしたらどういう入れ歯になるということを個別にカウンセリングにてお話ししておりますので、お受けになって頂けると悩みが整理されると思います。
以前、一部歯を削って入れ歯を作ったほうが良いと言われましたが、なぜでしょう?
ブリッジやインプラントと比較して、入れ歯はとてもバランスに対してデリケートな症例があります。例えば、特に上顎、下顎のどちらかが総入れ歯であったりしますと、その総義歯にかかる力のバランスの悪さはその総義歯の安定に大きく悪影響を及ぼします。つまり、外れやすくなったり、よく食べられなくなったりします。その悪影響を少しでも小さくするために、残っている歯の形を良くしたり、高さをそろえたりすることが不可欠になります。
良い入れ歯を作るための治療の一環と考えて頂き、納得のいくまでご質問ください。
歯が1本もなくなった場合、入れ歯がすぐ取れたりしないのですか?またどっやって外れずにいてくれるのですか?
部分入れ歯の場合は、入れ歯のバネが歯にかかり固定されていました。しかし総入れ歯の場合はその仕組みがなくなってしまうわけですから、不安になるのも当然です。総入れ歯で歯が無くても外れたりしないのは、例えば、ガラスとガラスの間に水を入れてあげてくっつけると、ぴたっとして離れませんよね、あの原理です。入れ歯と歯ぐきの間に唾液が介在して噛む力で歯ぐきに押しつけられるとぴたっとくっつくというわけです。しかし条件があります、それは質の良い入れ歯でないとそうはいきません。
歯の根が残っているのですが抜かなければ駄目でしょうか?
デメリットの方がやや多いように感じられますが、メリットもあります。
先にデメリットからですが、残った根がしっかり治療されてフタがされていない場合は根を通して骨の中に菌が入ってしまい、感染する可能性が出てきます。またその根の周りに菌が付きやすく、誤嚥性肺炎を悪化させやすくする可能性もあります。肺炎で命を落とさないために私たちが出来ることの一つは、お口の中の菌を少しでも減らしておくことです。その点ではフタをしていない根は治療が可能であればフタをする、もしくは抜歯をお勧めします。
メリットですが、しっかり根の中の治療が済んでフタがされた場合に限りますが、根を抜かずに保存が出来た場合、その根の周りの骨が小さく減らないで済みますので、前歯などの抜歯で起こる顔貌のくぼみ、落ち込みが予防できます。しかし抜かないでその上に入れ歯を作ると、出っ張ったり膨らんだりしてしまうこともありますので、歯科医師とよくご相談ください。
部分入れ歯で、残っている歯がダメになった時、入れ歯は作り直しになってしまいますか?
お作りになった部分入れ歯の歯の残り方による入れ歯のデザインにより作り直さなければいけない場合もあります。しかし作り直さなくても済むケースもたくさんあります。ご自分の歯を数本抜いて総義歯になるケースなどは、歯を足して済むケースがほとんどです。その他修理という形で賄えるケースもたくさんありますので、個別にご相談ください。