痛くない、2倍の力で良く噛めるシリコーン貼付け加工|入れ歯専門歯科クリニック.佐野 | 入れ歯デンタルクリニック

シリコーン貼付加工

シリコーン貼付とは

入れ歯と入れ歯用シリコン

当院では、新しい技術を採用した「シリコーン」貼付加工治療を行っています。入れ歯の内側、歯茎に接する面に柔らかいシリコーンを貼付けることにより痛い、噛めない、外れやすいといった従来の入れ歯の悩みを解消し、歯茎をやさしく守ります。

シリコーンの5大メリット

1.噛む力が通常入れ歯の2倍

グラフ:咬合力テスト

生体用シリコーンの弾性が歯茎の痛みを緩和し、しっかりと噛めるようになります。
食べ物をすりつぶせるような強い力で噛みしめることも可能に!

2.痛みが少ない

入れ歯の歯茎に当たる部分をクッション性のある生体用シリコーンで覆うので、歯茎にかかる力を軽減し、痛みを和らげます。

3.歯茎を保護する

生体用シリコーンが、歯茎と入れ歯との間でクッションのような役目を果たし、入れ歯でグッと噛んだときの歯茎にかかる負担を和らげます。

4.外れにくい

入れ歯で噛みしめたときに、弾力のある生体用シリコーンが驚くほどの吸着力を発揮。食べるときのアゴの動きでも外れることなく、しっかりと密着します。

5.柔らかさが持続する

生体用シリコーンは変質や劣化に強いため、柔らかさが長期間持続します。また、特殊な加工技術により、これまでの軟性裏装材に比べて飛躍的に剥がれにくくなりました。

生体用シリコーンは、入れ歯にとって理想的な素材

生体用シリコン

生体用シリコーンは「血液や体液による変質がしにくい」「アレルギー反応や炎症などの異物反応が少ない」などの理由から生体用素材として医療分野で広く利用されてきた素材です。柔軟性と弾力性にも優れているので、入れ歯の裏装材としても最適な素材です。